3. Arduino IDE の使いかた

3.1. Arduino IDEのインストール

Arduino のダウンロードサイト https://www.arduino.cc/en/Main/Software からインストールします。

_images/arduino_ide_10.png

インストールの細かい説明は省略します。

3.2. Arduino IDEの起動

3.2.1. Windowsの場合

Arduino IDE アイコンをダブルクリックして Arduino IDE を起動します。

3.2.2. Mac の場合

Launchpad (ロケットのマーク)を選んで、Arduino IDE アイコンをクリックします。

_images/arduino_ide_icon.png

起動したあとの Arduino IDE の画面です。

_images/arduino_ide_2.png

3.3. プログラムの編集

  • [参考1] Arduino 日本語リファレンス

BlocklyDuino で作ったプログラムを Arduino IDE のプログラム編集エリアに貼り付けます。

  1. BlocklyDuino でプログラムをコピーします。

    BlocklyDuino の使いかた で説明します。

  2. Arduino IDE のメニューから編集 > 貼り付けをクリックします。

_images/arduino_ide_3.png
  1. Arduino IDE の編集エリアにプログラムが貼り付きました。
_images/arduino_ide_4.png

3.4. プログラムのコンパイル

コンパイルとは Arduino で実行できる形にプログラムの形式を変更することです。

  1. Arduino IDE の左端にあるコンパイル・アイコンをクリックするとコンパイルが始まります。
_images/arduino_ide_5.png
  1. コンパイルが終ると下の行に「コンパイル終了」と表示されます。
_images/arduino_ide_6.png

エラーが起ったときは赤でエラーメッセージが表示されるので、エラーの原因を取りのぞいてからコンパイルをやり直してください。

_images/arduino_ide_7.png

3.5. Arduino へプログラムを書き込む

CarBot に載っている Arduino とパソコンをケーブルでつないで、プログラムを書き込みます。

_images/arduino_ide_8.png

3.5.1. ボードの設定

  1. Arduino IDE のメニューからツール > ボードをクリックします。
  2. ボードの種類 Arduino Uno を選択します。
  3. ポートにシリアルポート COM3 などと表示されていることを確認します。

3.5.2. プログラムの書き込み

  1. Arduino IDE の左側矢印の絵をクリックすると、Arduinoへの書き込みが始まります。
_images/arduino_ide_9.png

正常に終了すると CarBot を動かすことができるようになっています。

[参考1]

Arduino 日本語リファレンス

http://www.musashinodenpa.com/arduino/ref/index.php